本文へジャンプ

団体概要
団体名称:
特定非営利活動法人マザーツリー自然学校

団体の目的:
広く一般市民を対象に、自然体験、環境教育等に関する事業を提供することで、「人と自然」「人と人」との豊かな出会いと学びの場をつくり、人と自然が共生していける持続的可能な社会づくりの推進に寄与することを目的とする。

事業:
1.自然体験、環境教育に関する企画・運営及びそれを支援する事業
2.自然体験、環境教育に関する人材の育成を図る事業
3.自然体験、環境教育を推進するために必要な普及啓発及び調査研究事業
4.その他目的を達成するために必要な事業

定款:
teikan.pdf へのリンク

設立:

2010年4月14日

役員:
理事長:中安敬子(環境省環境カウンセラー)
理  事:梅沢克美(保育士)
理  事:浅田麻衣子
監  事:小瀧理宏(公認会計士)

事務局:
〒135-0005 東京都江東区高橋14-21
TEL/FAX: 03-3633-1320
メール:mother-tree@triton.ocn.ne.jp

※ 野外での活動が多いため、不在の時は留守電にメッセージをお願いいたします。
   また、週末のお問い合わせにはすぐに対応できない場合もございますので、ご了承ください。

マザーツリー自然学校からのメッセージ


 マザーツリー自然学校は、都内の身近な公園や関東近郊の農村をフィールドにして、自然とふれあい、遊ぶ体験を企画運営しています。

 次世代を担う子どもたちには、思い切り土にまみれたり、水と戯れたり、どこまでも虫を追いかけたり・・という体験をたっぷりしてほしい。自然の中で、子どもの生きる力を育みたい。

 また親子が一緒に感動したり、思い出を共有したりすることで、家族がもっと家族になってほしい。

 そうした体験の中で感じたこと・考えたことは、子どもが成長しても遠い記憶として残り、時を経て人生の岐路でひょっこり顔を出すことがあるのではないか・・と思っています。自然に抱かれた子供、家族に抱かれた子どもは「豊かな感性や」や「生きてゆく力」を知らず知らずのうちに身につけているはずです。

 大人だって、童心に返って遊べたら、どんなに楽しいでしょう!子どもの頃のドキドキワクワクした気持ちを思い出して、自然と向き合ってみませんか?そして自然との一体感をぜひ味わってほしいのです。

 そんな思いを胸に、参加者の皆さまのキラキラした瞳や笑顔に出逢いたくて、季節に合わせたさまざまなプログラムをご用意し、皆さまを自然の中へご案内いたします!